農花について

こんにちは。農花(のうはな)です。

農花に興味を持っていただき、ありがとうございます。

小諸・糠地の地でワインブドウを育て始めて4年目に入りました。

長くサラリーマン生活を送っていた私にとって、ブドウを育てるということは、土と共に生きる場所、根を張れる場所、大切な人たちがふるさとのように集える場所づくりでもあります。

まだまだ志半ばですが、少しずつ、ゆるゆると情報を発信していきますので、気長にお見守りいただければ幸いです。

岡本なるみ(園主)Naurumi Okamoto 

 

<園主プロフィール>

2016年、長く勤めた会社(出版系)を早期退職。もともと植物が好きで、農的生活にあこがれていたことから、後半の人生では、「お母さんのドブロクのような自家製ワインを楽しめる山里のおうち」づくりを目指す。長野県東御市の千曲川ワインアカデミー(アルカンヴィーニュ)の2期生としてワインの栽培・醸造を学んだのち、職業訓練校で800時間の造園技術を学ぶ。雄大で繊細な里山の美しい風景が広がる小諸・糠地の地にほれ込み、2018年にようやく畑を借りることができて栽培を開始。2020年委託醸造開始。2021年初ビンテージをリリース。

家族がいる東京と、長野との二拠点生活中。編集者、ときどき庭師。

_____

一般社団法人日本ワインブドウ栽培協会理事

小諸ワイングロワーズ倶楽部/小諸ワイン委員会所属

JPEX (日本エクスステリア建設業協会)認定 2級エクステリアプランナー

全国花育活動推進協議会 花育アドバイザー